洗顔化粧品ランキング 洗顔の基礎化粧品と石鹸の選び方について

洗顔化粧品ランキングと洗顔の基礎化粧品と石鹸の選び方です。

みんなが選ぶ洗顔化粧品ランキング

洗顔化粧品のラインアップは多いですが、 エレクトーレと組み合わせて使用ことで効果が高まります。エレクトーレは、洗顔後に使用するフェイストリートメントで10秒でうるおい効果を期待できます。 洗顔化粧品を選ぶ際に気になるのは、自分の肌に合うかどうかと使用されている成分が主なところになってくると思います。とくに、洗顔はスキンケアの基本ですから、化粧品による肌トラブルのリスクは避けたいです。 そういう意味で深層保湿ライスフォース・トライアルキットは自然素材で作られていて多くの方に選ばれています。アンチエイジング効果も高いようです。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

松田聖子さんのCMでおなじみの「アスタリフト・ジェリーアクアリスタ」。

「ナノセラミド」を高濃度配合し、角層のすみずみまで浸透し、潤いを持続させる新感覚のジェリー感覚の先行美容液です。素肌にたっぷりの潤いをあたえ甦らせる、まさに“肌がたべるジェリー”。赤く透明な色も神秘的&魅力的です。

洗顔後の素肌に、ナノセラミドが深く浸透して、乾燥を補修します。

潤い成分が肌のキメを整え、ハリを取り戻し、新陳代謝を高め、肌を若返らせます

皮脂の過剰分泌や化粧崩れなど、乾燥が原因でおこる肌トラブルもシャットアウト

「お化粧ノリがよくなった」という口コミが多いのも納得です。

アスタリフト ジェリーアクアリスタの開発はフジフイルム。ちょっと不思議な気もしますが、写真フィルムの主原料は、お肌の主成分と同じ、「コラーゲン」。また、「写真の色あせ=酸化防止技術」や、成分を超微粒子化して決まった層に定着させる「ナノテクノロジー」が、高度で高機能な「トータル・コラーゲンケア」を実現したのです。

アスタリフト ジェリーアクアリスタの成分は、うるおい成分アスタキサンチン。その美肌パワーはコエンザイムQ10の約1,000倍ともいわれています。そこに3種のコラーゲンを加え、それぞれが肌本来の保湿力を復活、美肌効果を高めあいます。

乾燥が気になる方、たるみやハリがほしい方におすすめです。

公式サイトにはお試しセットも用意されています

公式サイト アスタリフト ジェリーアクアリスタ

あきゅらいず泡石石鹸

あきゅらいず美養品の石鹸、「泡石(ほうせき)」は、石けん素地にこだわって作られた肌に優しい洗顔石鹸です。

成分の「草根木皮たまり」は、草の根と木の皮を抽出した濃厚なエキスです。

中国古来の東洋ハーブを中国全土から集め、互いの力が最も引き出される配合によって全十種類のエキスをたっぷり抽出して作られたのが、泡石です。

泡石の草根木皮たまりは、薬剤を使わない水抽出法で、成分をそこなわず、手間ヒマをかけて、作られています。

特別な製法でこだわりぬいて作られた泡石は、他の洗顔石鹸とは一味違います。

通常「よく泡立ててからお使いください」という表示があるのが一般的ですが、泡石は顔と泡石をぬらして直接顔のうえで、くるくるさせて使います。

保湿成分のかたまりだから、泡立てなくても大丈夫、まさにエキスで顔を洗う感じです。

一度泡立った泡石の泡は12時間たっても消えません

泡石自体がたっぷり水分を保つ保湿成分のかたまりなので、泡が乾燥しないからなのです

草根木皮の不思議な泡立ちを体験してみたくなりますよね。泡石で洗うだけで、軽いメイクも落とせます。

泡石を生み出す草根木皮たまりは、あきゅらいずが中国で出会い、世界的研究機関との共同開発で抽出したエキスです。使用する原料の品質、商品の製造の工程をあきゅらいずが責任を持って厳しく管理し、日本国内の工場にて製造しています。肌にとって負担となる成分をできる限り減らし、良い成分だけを増やす、というこだわりで作られているのが泡石なのです。

弱アルカリ性の密度の濃い泡で、さっぱり、そしてしっとり。洗ったあと、化粧品いらずという感触を実感してみませんか?

公式サイト あきゅらいず泡石石鹸

オルビス クレンジングリキッド

オルビスで売り上げNO.1アイテムなのが「オルビス クレンジングリキッド」。

100%オイルカットによる、伸びのよさとみずみずしいテクスチャーで、肌を摩擦から守って素早く汚れを落とします

オイルフリーで「洗顔感覚で使えるクレンジング」として、年々ファンが増え続けている「オルビス クレンジングリキッド」ですが、さらに進化して、スキンケア効果、メイク落ち、テクスチャーの快感度がアップ。

素肌のうるおいバランスを保つ保湿成分を30%以上配合し、みずみずしい洗い上がり感を達成。

また、新開発の「アクアクレンジング成分」が、メイクの種類を選択して働くので、これまでは落ちにくかったメイクも、しっかり除去

マスカラ、口紅や、毛穴に入り込んだファンデーションもみるみる溶かし去ります。

オルビス クレンジングリキッドは濡れた手でもスッとなじむので、バスタイムでも使えて超便利!

美容液感覚のとろみのあるテクスチャーが肌によく伸び、快適な使い心地です。また、水なじみがいいので、汚れをしっかり包み、すすいだ瞬間に流れ落ちます。またクレンジング後のいやなヌルつき・ベタつきもありません。

オイルクレンジングだと失いがちな、角質バリアを作る「細胞間脂質」が流出しないので、洗い上がりもしっとり!

ノンコメドジェニックテストに合格したクレンジングなので、ニキビが気になる方も安心して使えます。

公式サイトはこちら オルビス クレンジングリキッド

洗顔でにきびケア

にきびに気がついたら早い段階でにきびケアをすることが大切です。にきびケアで1番有効な方法は、毛穴に汚れや皮脂が溜まらないように洗顔することです。洗顔の回数を増やすだけではにきびケアにはなりません。洗顔の頻度が多すぎると、毛穴から分泌される油の量が多すぎたり、肌に負担がかかりすぎたりするのです。朝と夜、1日に2回から3回の洗顔がにきびケアには丁度良いようです。にきびケアに使う洗顔料は1つにこだるわる必要はありません。汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬で使い分けるのもいい方法です。にきびを早くからケアするためは、日々の洗顔料も肌と相性のいいものにすべきです。髪がある程度の長さがある人は、洗顔を行う時は髪に洗顔料がつかないようゴムでまとめたりピンで止めたりする必要かあります。髪の生え際はにきびができやすいので、洗いやすいようにしておきます。髪を束ね終えたら、手をよく洗って汚れを落としましょう。その後、暖めたタオルなどを顔に数分あてて皮膚を温め、十分に毛穴が開ききってから洗顔を開始します。毛穴が開いたことを確認したら、ぬるいお湯でさっと洗って大きな汚れを落とします。洗顔料などをしっかりと泡立ててから、額、こめかみ、鼻と、皮脂の多いところから順に、顔全体をマッサージするように丁寧に洗います。洗い上がったらぬるま湯でたっぷりとすすぎ、生え際などに泡を残さず何度も洗います。タオルを使うときは絶対に顔をこすらず、押さえるように水気を取ります。

スキンケア化粧品と洗顔について

スキンケアでは化粧品による洗顔が最も重要であるという説があります。化粧品でいい加減な洗顔をしますと、まともなスキンケアをすることができません。肌に汚れや余分な皮脂が残り、トラブルの原因になるからです。反対に化粧品による洗顔で肌に必要な皮脂まで取りすぎると、肌荒れを招くことがあります。人間の皮膚は毎日生まれ変わっています。皮膚は真皮、表皮、角質層で出来ています。皮膚に弾力を与えているのは、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの深層に存在する成分です。年配者やスキンケア不足によって真皮内のヒアルロン酸などが少なくなると、しわがふえくすんだ印象になります。表皮の下層でサポートをしながら酸素や栄養素を供給し、老廃物を排出する役割を果たしています。表皮層は更に4層に分けられますが、深層から表層にじっくりと持ち上がっており、最上層に出た皮膚は垢として取れます。角質層は元来保湿力がありますが、更に上層に皮脂がコーティングすることによって一定の保水力を維持することができます。きちんとスキンケアを施している肌なら、保水や肌の新陳代謝もスムーズに働いていますので、水分量も油脂量も全く問題はありません。お肌を健康的に、清潔な状態に保つことがスキンケアの最大の目的といっても過言ではありません。そのためには適切な洗顔料化粧品で、正しい洗い方を心がけることです。化粧品には様々な種類が存在しますが、どれを使ってもいいというわけではありません。個人差に会う化粧品でのスキンケアを心がけてください。

洗顔化粧品ランキング 洗顔の基礎化粧品と石鹸の選び方カテゴリー項目一覧

にきびケア

スキンケア

化粧落とし

洗顔石鹸

毛穴の洗顔

化粧品の選び方

化粧品の口コミと評判